人吉・球磨の観光

 人吉市は、熊本県の南東部に位置する歴史と温泉の街です。
街の中心には日本三大急流の球磨川が流れ、川沿いには温泉
街が軒を連ねています。 約700年前、相良藩がこの地を治め
て以来人吉は人吉城を中心とした城下町として栄えてきました。
城下町の佇まいが今でも残り、当時を偲ぶことが出来ます。
 盆地は早朝霧に覆われ「霧の都」と言われています。

市房山
九州で第三位、県下の最高峰(1722m)
巨杉、紅葉、霧氷、ツクシアケボノの花
で有名です。

人吉城

球磨川下り

カヌー

蒸気機関車ハチロク
〔熊本、人吉間〕
一度引退しましたが
2009年4月25日に復活しました。
JR矢岳駅にはD51170が保存
されています。

人吉市役所 観光振興課 ℡0966-22-2111
         http://www.city.hitoyoshi.kumamoto.jp
              E-mail:kankou@mb.hitoyoshi-city.jp

人吉市観光案内所     ℡0966-22-2411

九州のどころ球磨、朝霧
夜霧で育ったせいか、独特
の甘さと香りが自慢です。

青井阿蘇神社
大同元年(806)創建。現在の様式は、
江戸時代に再建されたものです。全
体の構造は鎌倉時代の様式ですが、
手法は安土桃山時代の典型的な特
徴を持っています。本殿、廊、幣殿、
拝殿及び楼門は平成20年に国宝に
指定されました。

人吉城(繊月城)

武家屋敷
西南戦争時西郷隆盛の宿舎と
して使われました。正面に立つ
堀合門は人吉城から移築した
ものです。

中島哀浪

SLひとよし号

 日本三大急流の一つ、球磨川下りの舟は、矢のように
奇岩怪石の瀬を走り抜けます。藩主相良公も大名行列
を組んで、この川を下りました。明治43年、観光遊船とし
て始まりました。最近はカヌー、ラフティングも盛んです。

人吉城・角櫓

球磨川下り発舟場

肥薩線 大畑駅

くまがわ鉄道

  かわちどり
鳴けば見おろす
   球磨川の
 瀬の音たかし
  霧の底より
           

肥の国の
球磨焼酎
よろしさは
ひとたび飲みて
ついに忘れず

   吉野秀雄

城下町の落ち着いた雰囲気の中で
旅の疲れをほぐしてくれる人吉温泉
美人湯というだけあって、はいるほど、
お肌がすべすべに。
公衆温泉浴場も26か所あり、好みの
温泉が見つかるでしょう。

温 泉

人吉・くま旬夏秋冬キャンペーン実行委員会の資料より

武家屋敷
市房山
球磨焼酎

人吉城・繊月城

人吉城写真

http//www.hitoyoshi-hikari.com/index.html

 平家の落人が都を偲んで
作ったといわれる
キジ馬
花手箱。素朴な形と華麗な
色彩が今日まで伝えられて
います。

お茶畑
アユ
人吉城の写真

一勝地

「球磨川の秋」 吉澤典雄作

球磨川の秋

は球磨川のシンボル。
夏には球磨村主催の大
鮎釣り大会が行われます。

スケッチする兄妹

必勝お守り
蒸気機関車の写真集
青井阿蘇神社
人吉温泉 美人の湯
球磨川下り
ラフティング